天台宗 湖東三山 釈迦山 百済寺

「緑と謎のロマン」に包まれた近江の最古刹,近江西国霊場十六番,湖国十一面観音霊場十番,湖東二十七名刹霊場十一番,五木寛之著「百寺巡礼」三十五番

『近江西国観音霊場第十六番』
『神仏霊場第141番(滋賀第9番)』
『百寺巡礼第35番』(五木寛之)
『湖国十一面観音霊場第十番』
『びわ湖百八霊場第64番』

トピックス速達便


お知らせ

●WEBサイトを下記のURLに移転致しました。

http://www.hyakusaiji.jp/

つきましては、(ブックマーク/お気に入り/各種文書)等々、
ご変更いただきますようお願い申し上げます。


庭園出口


楽々なだら坂完成


庭園出口から本堂までの間、石段のない 「楽々なだら坂」が完成し、 大変楽にお参り頂けるようになりました。
順路は下記の通りです。



 1  百済寺 中晩秋の移ろい

(1)ハギ(桃色) 9月中旬~10月下旬
(2)紫式部(紫) 9月中旬~11月中旬
(3)ドウダンツツジ(朱) 10月中旬~11月下旬
(4)にしきぎ(朱) 10月下旬~11月下旬
(5)楓(紅葉) 11月上旬~12月上旬
(6)玉ミズキ(真赤) 12月上旬~1月下旬

日々の紅葉情報は「JR cyber station」の中の「季節情報」→「紅葉情報」でご覧いただけます


 2  平成26年 秋季特別イベント!!

① 寺 宝 公 開
●美仏の代表!!二観音像(如意輪観音半跏思惟像,聖観音座像)
如意輪観音半跏思惟像 美の極致:一生に一度は拝みたい仏さま
【仏女 の憧れ・・・・・
居並ぶ国宝仏像群に迫る人気急上昇中の仏さま】
  • 期 間: 9月13日(土)~12月31日(水)
  • 場 所: 本 堂
  • 院祐(院派)の銘作(室町時代)
撮影:山崎 兼慈
(協力:MIHO MUSEUM)
●聖徳太子孝養像
百済寺再建時の寄進者の一人『春日局』の遺品が家光将軍より落慶時に寄贈されたと伝わる極彩色の太子像の逸品で歴女・仏女の方々には必見頂きたいお姿です。
  • 期 間: 9月13日(土)~12月31日(水)
  • 場 所: 本 堂
極彩色 『聖徳太子孝養像』 特別参拝
極彩色 『聖徳太子孝養像』 特別参拝  百済寺は天正元年(1573年)4月11日に織田信長の焼討で一千坊が消滅しました。
 この年にNHK大河ドラマの主役の「お江」が生まれています。一方、お江の子「家光」将軍による百済寺再建許可後、ようやく慶安3年(1650年)に本堂、山門、仁王門等が復興されました。
 寺伝によると落慶記念奉納品として、将軍から極彩色の『聖徳太子孝養像』が寄贈されました。
 この太子像は家光の乳母春日局(斎藤 福、1643年没)が生前に大奥で大切に拝んでいた像であると言われております。残念ながら、翌1651年に家光将軍も48歳の若さで病没しました。
 以上のご縁から、聖徳太子創建の百済寺では、家光の「生みの親/お江」よりも「「育ての親/春日局(お福)」に重きを置いております。
 春日局は、書道、歌道、香道、茶道等の教養に加えて、大奥の組織編制、朝廷との交渉など難問解決に辣腕を振るう『スーパーウーマン』だったのです。
 このような歴史の流れを事前に知って頂き、春日の局の心中では「竹千代(家光)」が聖徳太子さまのように育って欲しいとの想いが潜んでいたものと推理しながら「太子像」とご対面下さい。
●石曳き図絵馬 特別公開
・公開期間 : 11月15日(土)~11月20日(木)9:00~11:00(午前中のみ)
・場  所 :本坊書院
・追加拝観料:300円(団体割引なし)
・対  象 :10名以上の団体(予約必要)
・制作時代 :安土・桃山時代
・寸  法 :96×183㎝
・モチーフ :信長が百済寺焼討後、敵方の六角氏のゲリラ化防止と再起不能化を計るため、百済寺の石垣の巨石を引抜き安土山の麓へ搬送する光景を描いたもの。 戦勝者側と敗戦者側の表情の対比をご覧下さい。
② 庭園ライトアップ【天下遠望の名園】
●期間:11月15日(土)~11月24日(月) 日没~午後6時 ●対象:本坊の【天下遠望の名園内】(本堂への照明は無く参拝できません) ●料金:拝観料以外の追加料金は頂きません。 ●特記:拝観者の入替えはありません。(参拝に引続き観賞下さい)

境内の様子

宣教師ルイス・フロイスが「地上の天国」と絶賛した「百済寺」は、別名『百彩寺』と呼ばれます。

1400年の寺歴と多種多様の樹種と花の混在が他では得られない調和と共生の美しさ!!!を提供しております。

春景

 百済寺は別称「百彩寺」と称され、サクラ、ツバキ、シャクナゲ、ツツジ(サツキ含む)、 フジについて最新の開花情報や紅葉情報を提供しております。
『JRネット季節情報センター』や『滋賀県観光情報』で検索出来ます。

石垣沿いの雪柳
石垣沿いの雪柳
【クリックすると拡大】
山桜と染井吉野の競演
山桜と染井吉野の競演
【クリックすると拡大】
五木寛之さん命名の『空中楼閣』の本堂
五木寛之さん命名の『空中楼閣』の本堂
【クリックすると拡大】
石垣参道沿いの石楠花
石垣参道沿いの石楠花
【クリックすると拡大】
仁王門と伽藍跡
仁王門と伽藍跡
【クリックすると拡大】
満開のミツマタ群生(1000本)
満開のミツマタ群生(1000本)
【クリックすると拡大】
夏の風景
サツキの緑(マリモ刈)
サツキの緑(マリモ刈)
【クリックすると拡大】
クチナシの花(参道)
クチナシの花(参道)
クリックすると拡大】
秋景
境内の様子
【クリックすると拡大】
境内の様子
【クリックすると拡大】
境内の様子
【クリックすると拡大】
境内の様子
【クリックすると拡大】
紫式部の実
千本ミツマタの黄葉
【クリックすると拡大】
庭園内のハギ
千本ミツマタの黄葉
【クリックすると拡大】

百済寺伝言板

  • 百済寺境内(81ha)は、宗教史、政治史の一端を担う重要遺跡として「国史跡」の指定を受けました。(2008.7.28付)
  • 百済寺は、新設立の『神仏霊場会 第141番』(One for One:かけがえのないあなた)のお寺として新たな仲間入りさせて頂きました。
  • 『天下遠望の名園』は、松30本の芽摘みとサツキ300本の毬藻刈を終えて「美の次元」を高めております。五木寛之さん、白洲信哉さんも賞賛された「美のクウォリティー」を是非ご鑑賞下さい。
  • ご本尊脇仏の「聖観音」・「如意輪観音」さま
    月刊誌「日本の美術」N0.494【至文堂'07.6.20発行】の特集「室町時代の彫刻」に両観音さまが掲載されます。この二像は、天正元年の信長による百済寺焼討の火難を逃れた貴重な院祐(院派)の銘作です。
    百済寺御本尊「植木観音さま」(古代韓国百済の龍雲寺本尊と「同木二体の姉妹仏」)がNHK「心の仏像百選」第6番に選定されました。慈悲に満ちた「ほほえみ」から明日への活力を感得して頂ければ幸いです。
  • 五木寛之さんの「百寺巡礼第35番」のお寺です。
  • 本坊の「天下遠望庭園」の紅葉風景は、「日本の名庭百選」(ユーキャン社、2007年3月発行)に選ばれて紹介されています。
  • 本堂までの石段参道脇に膝やさしい「なだら坂」(脇参道)が完成し、お年寄りの方々から大変喜ばれております。

上へ戻る

■天台宗 湖東三山 百済寺の略縁起

聖徳太子 (しょうとくたいし) 百済寺は、今から1400年前の推古14年(606)に、渡来人のために聖徳太子さまが創建された近江の最古刹です。
像高2.6mの十一面観音を本尊とし、御堂は百済の「龍雲寺」を模して創建され、開闢法要には、高句麗僧「恵慈」を咒願とし、百済僧「道欽」や暦を伝えた「観勒」も永く住したと伝えられております。
その後、鎌倉時代からは「天台別院」と称され、1,300人が居住する巨大寺院となりましたが、惜しくも天正元年4月11日に信長の焼討ちに遭いました。

続きを読む

上に戻る

■天台宗 湖東三山 百済寺 住職のメッセージ

合掌から始まる『佛心』発掘の旅

鈴鹿山系は天女の羽衣の如くその長い裾野を琵琶湖の東岸にまで延ばしております。
その中腹の緑の木立の中から湖東平野を掠めて比叡の山並みを遠望できるその位置に構えた釈迦山百済寺は、幾多の時代の荒波に揉まれながら一千四百年の法灯を今日に伝えて参りました。
その間多くの先人が夫々の願いを込めて、ご本尊十一面観世音菩薩に『合掌』され、心の安らぎと活力を得てゆかれました。

続きを読む

上に戻る

■更新履歴

12/29  「彦根城築城400年を祝して寺宝特別公開」のお知らせを追加

12/29  「石曵の図絵馬の特別公開」のお知らせを追加

12/29  「行く年 来る年」のお知らせを追加

09/14  「天台宗開宗千二百年慶讃大法会記念
      史上初 湖東三山 秘仏本尊 同時ご開帳」のお知らせを追加
       ※終了しました。

09/14  天台宗 湖東三山 釈迦山 百済寺公式サイトオープン

続きを読む▽

上に戻る